マヌカハニー 効果

【マヌカハニーの効果】風邪の予防や便秘解消、虫歯予防にも!


マヌカハニーのすごい効果をご紹介

すごい殺菌作用の効果がある「はちみつ」として大人気の「マヌカハニー」。殺菌作用だけではなくて、その他にもたくさんの素晴らしい効果があることが実証されています。その様々な効果をご紹介していきたいと思います。

ミツバチ

強い抗菌効果があるはちみつ「マヌカハニー」

まずは「マヌカハニー」ってどんな「はちみつ」なのかをご紹介したいと思います。

マヌカハニーというのは、ニュージーランドに自生している「マヌカの木」から採れる「はちみつ」です。ヨーロッパでは「ティーツリー」とも呼ばれているようです。

「マヌカの木」は、ニュージーランドの先住民のマオリ族の間で薬の効果が古くから伝えられていて、そこから摂れる「はちみつ」には、通常の「はちみつ」にはない強い抗菌効果があることが学術的に知られるようになりました。

天然はちみつでは唯一「食品メチルグリオキサール」という抗菌活性成分が豊富に含まれていることがわかったのです。その為に健康に良い様々な効果があるという訳です。
マオリ族は「マヌカの木」を「復活の木」と呼んでいて、風邪や解熱・外傷の治療などに使用していたようです。

マヌカハニーがサプリになりました!

「マヌカハニー」は毎日食べられる健康食品です

「マヌカハニー」は薬ではなく食べ物なので、薬のように副作用の心配がないので、安心して毎日食べられるというのも人気のヒミツです。
毎日「マヌカハニー」を食べるだけで、風邪もひかなくなりますし、お腹の調子も良くなります。本当に様々な効果があるんです。

ミツバチ

ちなみに「マヌカハニー」の味ですが、通常の「はちみつ」よりも濃い茶色をしていて、生キャラメルのようなとても濃厚な味わいがあるのが特徴です。マヌカはハーブ系の特徴があるので、ちょっと独特な香りと味がしますが、甘みはさっぱりとしています。

「マヌカハニー」の効果

そんな大人気の「マヌカハニー」。具体的にはどんな効果があるのか見ていきましょう。

●風邪の予防や治療

マヌカハニーは殺菌作用だけでなく、抗ウイルス作用や抗炎症作用もあるので、風邪の予防や治療の効果があります。扁桃腺炎にも効果的です。
風邪で喉が痛い時は、ティースプーン1杯のマヌカハニーを口に含むように1日3回ほど摂取すると痛みが取れてきます。毎日摂取していると本当に風邪知らずになりますので冬などは特にオススメですね。

●お腹の調子を整えてくれる

マヌカハニーの殺菌作用は、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌などのほとんどの腸内細菌の殺菌に効果的,なので、お腹の調子を整えてくれます。便秘も解消にも効果ありです。

●胃の調子を整えてくれる

マヌカハニーはピロリ菌の殺菌にも効果的なので、胃痛や胃炎など様々な胃のトラブルを改善してくれます。こちらも普段からマヌカハニーを摂取するのがオススメです。

●虫歯予防

マヌカハニーは、歯のエナメル質やその中にあるリン酸カルシウムの偏りを安定させてくれる効果があるので虫歯予防にも効果的です。はちみつと聞くと歯に悪いイメージがありますが、マヌカハニーは逆なんですね。口臭や歯周病にも効果的がありますよ。

●肌の調子を整えてくれる

マヌカハニーは保湿や肌の再生にも優れているので、ニキビや肌荒れ、シミやしわにも効果的です。この場合、摂取するだけではなく肌にそのまま塗るのがオススメです。ティーツリーオイルやホホバオイルと混ぜるとさらに効果的です。

●創傷や火傷の治療

マヌカハニーはその高い殺菌作用から切り傷や火傷などにも効果的です。直接、傷や火傷個所に塗ると治りが早くなります。

たった1つの「はちみつ」でこれだけの効果があるって本当にすごいですよね。
マヌカハニーは、100%純粋&天然&非加熱添加物が一切入っていないので、安心して毎日摂取することができます。天然の食品なので、変なサプリメントよりもずっと体にいいと思います。

最近、風邪をひきやすくなった、お腹の調子がよくないなど、体の調子が気になる方は、ぜひ「マヌカハニー」を食べてみることをオススメします。

風邪にはマヌカハニーがよく効きます!

「マヌカハニー」の種類

「マヌカハニー」には色々な種類があるのをご存知でしょうか。
「マヌカハニー」は、その種類によって効果の度合いと価格が違ってきますので、購入する際にはその違いを知っておくと便利です。

商品を見てみると、商品名に「UMF20」とか「MGO100」とかの記号や番号がついています。これは、マヌカハニーの殺菌作用の強さを数値化したものです。マヌカハニーを選ぶ際には、この「UMF」「MGO」のブランドマークの数値を確認して選ぶようしましょう。

●UMF

では、この数字や記号は何かというとUMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)というのは、ニュージーランドのワイカト大学が発見したもので、マヌカハニーにだけ含まれる特殊な抗菌作用の効果・濃度を数字にしたものです。

UMFの数値は5+、10+、16+、20+、25+などがあって、数字が大きくなればなるほどマヌカの抗菌作用が強いとされています。さらに数字が大きくなればなるほど価格も高くなっていきます。

●MGO

MGOというのはドイツのドレスデン大学が見つけたもので、抗菌作用をもたらす物質食物メチルグリオキサールが含まれる量を数値で表したものです。
通常の食品で0-50mg/kg、ハチミツでも0-10mg/kgしか含まないのに対し、マヌカハニーは20-800mg/kgも含むものもあります。こちらも数字が大きくなればなるほど価格も高くなっていきます。

「マヌカハニー」を選ぶ際には、これらのブランドマークの数値と価格を比較して自分にあった「マヌカハニー」を購入するのがオススメです。
もし殺菌効果が高いものを購入したいという場合は、それぞれ数値の高い「マヌカハニー」を選びましょう。
殺菌効果を実感するなら「UMFなら10以上」「MGOなら100以上」が良いと思います。

「マヌカハニー」の人気が急上昇したことから、質の悪い「マヌカハニー」も出回るようになりました。「UMF」「MGO」のブランドマークがないものは、殺菌作用の効果がチェックされていないものになりますので、購入する際は注意しましょう。

「マヌカハニー」のオススメ購入法

ただ、数値の高い「マヌカハニー」は、価格もそれなりに高いので頻繁に買うのはなかなか難しいと思います。
そこで、オススメの買い方としては、数値が違うものを2か3つ購入するのがベストです。

普段毎日食べるマヌカハニーは、UMF5+や10+。喉が痛い、体調が良くないというときにはUMF15や20。といった感じで、その時の状態によって選べるように、数値が違うものを複数買っておくとお金も節約できてオススメです。

毎日食べよう!マヌカハニー